事務所情報

20191219日 水戸農業協同組合・西部営農資材センター・予冷センターを、「水戸の柔甘ねぎ」の地理的表示(GI)の取得に関するインタビューのために、農水知財対応委員会の先生方と共に訪問しました。

20191217日 中国・審査協作中心河南センターの副司長を含む一行が来日し、意見交換を行いました。

20191211日 5年ぶりに日本で開催されたTM5ミーティングのレセプションに参加し、閉会の挨拶をしました。

20191129日 国際弁理士連盟(FICPI)のランチョンミーティングに参加し、開会の挨拶を行ないました。

20191126日 WIPOのマドリッドオペレーション部との意見交換会に出席し、司会を務めました。

20191118日 EPOとのクローズドミーティングに参加し、意見交換を行いました。また、レセプションで挨拶を行ないました。

20191126日 WIPOのマドリッドオペレーション部との意見交換会に出席し、司会を務めました。

2019119日~12日 台北で開催されたアジア弁理士協会(APAA (Asian Patent Attorneys Association)2019)に参加しました。仕事で関係のある代理人と突っ込んだ話し合いもでき、また、2月のアジアセミナーで顔を合わせたアジアの弁理士達とも再開することができ、昨今の知財情報を交換しました。

2019118日 日本知的財産協会(JIPA)のバイオ委員会との交流会に参加しました。

2019115日 香港貿易発展局と意見交換を行いました。

2019年1029日 JICAの国別研修である「弁理士の質向上のための人材育成制度や知財ユーザーへのカスタマーサービス向上に関する取組」の講師として、来日したインドネシア知財総局の職員に対する研修を行ないました。

1024日~26日 AIPLAの年次会合で行われたWomen in IP Law Meetingのパネルディスカッションにパネラーの一人として参加しました。パネラーは、カナダ、ベルギー、アルゼンチン、インド、英国、日本。女性がプロとして働くことについて2時間余り、話し合いました。

102223日 米国知的財産法協会(AIPLA)の年次会合に合わせて行われるプレミーティングにも参加し、日米の最新の知財関連情報について意見交換を行いました。

1021日 米国特許商標庁(USPTO)とのユーザー会合(IP-PAC)への派遣メンバーとしてこの会合に参加し、審査の質等に関する会員からの意見や要望等を伝えると共に、幅広いテーマについて意見交換を行いました。

20191017日 アウントゥ商業省副大臣(ミャンマー)とモーモートゥエ教育省技術革新局副局長(ミャンマー知財庁長官予定者)が来日され、意見交換を行いました。

1014日~16日 パシフィコ横浜で開催されたバイオジャパンに、担当するバイオ委員会のメンバーと共に参加しました。国内企業に限ったにもかかわらず、相談の申し込みが3日間で41件ありました。

104日~5日 4日は東北会と北海道会との合同役員会に参加し、5日は合同研修会に参加しました。

919日 Global IP Summit Meetingに参加しました。

915日~18日 国際知的財産保護協会(AIPPI)のロンドン総会に参加し、英国公認代理人協会、フランス弁理士会、AIPLA、及びドイツ弁理士会と各国の現状について、情報交換をしました。また、NGO Coordination Meetingでプレゼンをしました。

20190901日~04日 初のアジアツァー(北京)に参加し、中華専利代理人協会との意見交換会に参加し、その後のセミナーにも講師として参加しました。

20190806日 インド工業会(CII)との意見交換会に出席しました。

722日 日韓合同理事会のクローズドミーティング及びオープンセミナーに参加しました。

20190628日 第51回ライフサイエンス知財合同検討会に参加しました。

20190626日 日本バイオインダストリー協会との意見交換会に出席しました。

20190610日 フランス弁理士会との交流会に参加し、レセプションで開会の挨拶をしました。

20190518日~22日 INTA 141th Annual meeting(国際商標協会第141 回年次総会、ボストン)に参加しました。

20190418日 第50回ライフサイエンス知財合同検討会に参加しました。

20190409日 AIPLAとのクローズドミーティングに参加するとともに、ランチで挨拶を行ないました。

20190408日 今年8回目となったWomen in IP LAW meeting(日本弁理士会及びAIPLAの共催)に参加しました。

20190401日 今年度の日本弁理士会の副会長となりました。担当は、国際、バイオ・ライフサイエンス委員会、農水知財対応委員会、商標委員会等です。和牛の精液持ち出し問題を受けて、国際、バイオ・ライフサイエンス委員会と農水知財対応委員会とにまたがる和牛プロジェクトグループを設置しました。

2019225()26() プノンペン(カンボジア)のラッフルズ・ホテルにて、日本弁理士会主催のアジアセミナー(参加者105名、参加者の国籍は、ベトナム、カンボジア、フィリピン、マレーシア、タイ、インドネシア、インド、ミャンマー、ラオス、シンガポール、台湾及びパキスタンの12か国)に講師として参加してきました。このセミナーでは、カンボジア工業手工芸省大臣 Mr. Phork Sovanrith 氏に来賓としてご挨拶をいただきました。


知財情報